Prof. Takatsuji Detects 2.9 Bq From A Single Grain Of Rice (140,000 Bq/Kg)

2.9 Bq from a grain of rice in Fukushima, “It can be 140,000 Bq/Kg” (Fukushima Diary, Oct 13, 2012):

Assistant Professor. Takatsuji from Nagasaki university measured 2.9 Bq of cesium from a grain of rice.(0.02 g)

In 1Kg, it can be 140,000 Bq/Kg.

The rice was produced in Iwaki city Fukushima, where is not a evacuation zone. Iwaki city still ships rice.

They measured 357 Bq/Kg of cesium from the pack of rice, where they found this 2.9 Bq rice grain.

They check every pack of rice supposedly, but cesium concentration is not even, some grains of rice have extremely high level of cesium.

長崎大学の高辻准教授が 0.02gの米を計測したところ 2.9ベクレルのセシウムが検出されました。

1キロあたり 140,000ベクレルにもなるということです。

この米は 避難区域外である福島県いわき市で生産され いわき市は 地元の米を出荷しています。

米粒から 2.9ベクレルが検出された1袋の米から 357ベクレルのセシウムが検出されています。

すべての米袋を検査しているはずですが セシウム濃度は 一律ではなく 米粒によって 非常に高い濃度のセシウムが含まれていることもあるようです。

Source

 

Leave a Comment