Fukushima Government Plans To Use Radioactive Wood For Construction And Biofuel

Fukushima gov will use contaminated wood for building materials (Fukushima Diary, Feb. 28, 2012):

Fukushima prefecture is going to financially support local governments for tree thinning as forest decontamination as of April of 2012.

They are going to pressure Japanese government to include thinning as forest decontamination into the decontamination guideline.

They are planning to use the logged trees for building materials of reconstruction and woody biomass fuel.

71% area is forest in Fukushima.

間伐で森林除染 復興建築資材に活用
県は平成24年度から、間伐など森林生産活動を通じた森林除染に着手する。国の除染ガイドラインにも盛り込むよう強く働き掛ける。太田議員の質問に鈴木義仁農林水産部長が答えた。
県の計画では、伐採した木を復興建築資材に回し、残材を木質バイオマス燃料に活用する。除染計画を策定する市町村を対象に、県森林整備加速化基金の約30億円や通常の間伐予算などを使って除染する。
現行のガイドラインには、間伐による森林除染は盛り込まれておらず、財政支援の対象外となっている。
(2012/02/23 09:57)

Source

Leave a Comment