TEPCO: 10 L At 3.1×10E11 Bq/m3 Of Radioactive Cesium Leaked From Water Purifying System

3.1×10E11 Bq/m3 of cesium leaked from the water purifying system (Fukushima Diary, Feb. 25, 2012):

On 2/25/2012 8:30AM, A Tepco employee found high level of contaminated water leaking from water purifying system called Sally.
It’s 3.1×10E11 Bq/m3. Tepco asserts it’s only 10 L to leak, none of it has leaked to the sea for some reason.
The leaking point is the joint part to filter out oil before taking out cesium. The reason is not detected yet.

Also, Tepco found ERSS, which is to calculate the leakage amount of radionuclides from daini reactor4 stopped.
They stopped it at 2PM of 2/14 for a check up. They were supposed to turn it back on at 2:50 PM of 2/24 but they forgot to turn it on.

Source

福島第1原発:高濃度汚染水漏れる 海への漏えいはなし

東京電力は25日、福島第1原発の汚染水処理施設にある放射性セシウム除去装置「サリー」の配管から高濃度汚染水約10リットルが漏れたと発表した。漏えい水の濃度は1立方センチ当たり31万ベクレルで、海への漏えいはなかった。

漏えい場所は汚染水から放射性セシウムを除去する前に油分を取り除く装置の配管接続部。同日午前8時半に見回りをしていた作業員が見つけ、装置の運転を止めたところ、漏えいが止まった。東電が原因を調べている。

また、東電は同日、福島第2原発4号機で、放射性物質の放出量予測などに利用される「緊急時対策支援システム」(ERSS)に一時的にデータが送信 できない状態になっていたと発表した。東電は計算機の機能を確認するため、2月14日午後2時過ぎから同24日午後2時50分までERSSを停止。その 後、計算機を復旧させたが、東電社員はERSSの電源を入れ忘れたという。【神保圭作】

毎日新聞 2012年2月25日 19時43分(最終更新 2月25日 19時57分)

On 2/25/2012 8:30AM, A Tepco employee found high level of contaminated water leaking from water purifying system called Sally.
It’s 3.1×10E11 Bq/m3. Tepco asserts it’s only 10 L to leak, none of it has leaked to the sea for some reason.
The leaking point is the joint part to filter out oil before taking out cesium. The reason is not detected yet.

Also, Tepco found ERSS, which is to calculate the leakage amount of radionuclides from daini reactor4 stopped.
They stopped it at 2PM of 2/14 for a check up. They were supposed to turn it back on at 2:50 PM of 2/24 but they forgot to turn it on.

Source

福島第1原発:高濃度汚染水漏れる 海への漏えいはなし

東京電力は25日、福島第1原発の汚染水処理施設にある放射性セシウム除去装置「サリー」の配管から高濃度汚染水約10リットルが漏れたと発表した。漏えい水の濃度は1立方センチ当たり31万ベクレルで、海への漏えいはなかった。

漏えい場所は汚染水から放射性セシウムを除去する前に油分を取り除く装置の配管接続部。同日午前8時半に見回りをしていた作業員が見つけ、装置の運転を止めたところ、漏えいが止まった。東電が原因を調べている。

また、東電は同日、福島第2原発4号機で、放射性物質の放出量予測などに利用される「緊急時対策支援システム」(ERSS)に一時的にデータが送信 できない状態になっていたと発表した。東電は計算機の機能を確認するため、2月14日午後2時過ぎから同24日午後2時50分までERSSを停止。その 後、計算機を復旧させたが、東電社員はERSSの電源を入れ忘れたという。【神保圭作】

毎日新聞 2012年2月25日 19時43分(最終更新 2月25日 19時57分)

Leave a Comment