Researcher Detects 20,000 Bq/Kg Of Cesium In Fukushima Earthworm

20,000 Bq/Kg from earthworm (Fukushima Diary, Feb. 5, 2012):

Mr. Hasegawa Motohiro from Forestry and Forest Products Research Institute measured 20,000 Bq/kg of cesium from earthworm.

The sample was taken in Kawauchi mura Fukushima, from late August to September. The air dose was 3.11 microSv/h. The soil is contaminated as 1,380,000 Bq/m2.

A part of Kawauchi mura is in the evacuation area.

They also took the samples at 2 different locations in Fukushima.

Ohtamamura (60km from Fukushima)
Air dose : 0.33 microSv/h
Soil : 80,000~120,000 Bq/m2
Earthworm : 1,000 Bq/Kg

Tadami mura (150km from Fukushima)
Air dose : 0.12 microSv/h
Soil : 20,000 Bq/m2
Earthworm : 290 Bq/kg

They analyse it is because most of the cesium is stuck to the leaves. Earthworm ate leaves with soil so they were contaminated too.

Earthworm is in the bottom of the ecological chain. As biological concentration goes up, the internal exposure will be more severe.

Source

東京電力福島第1原発から約20キロ離れた福島県川内村に生息するミミズから、1キロあたり約2万ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが、森林総合 研究所(茨城県)の長谷川元洋主任研究員(土壌動物学)らの調査で分かった。ミミズは多くの野生動物が餌にしている。食物連鎖で他の生物の体内に次々と蓄 積していく現象が起きている可能性も懸念される。3月17日から大津市で開かれる日本生態学会で発表する。
昨年8月下旬〜9月下旬、一部が警戒区域に指定された川内村、同県大玉村(同原発から60キロ)と只見町(同150キロ)の3町村の国有林で、40〜100匹のミミズを採取した。
その結果、川内村のミミズから1キロあたり約2万ベクレルの放射性セシウムが検出された。大玉村では同約1000ベクレル、只見町で同約290ベクレル だった。調査時の川内村の空間線量は毎時3.11マイクロシーベルト、大玉村で同0.33マイクロシーベルト、只見町で同0.12マイクロシーベルトで、 線量が高い地点ほど放射性セシウムも高濃度になっていた。
一方、林野庁が昨年8〜9月に実施した調査によると、川内村で土壌1平方メートルあたり約138万ベクレル、大玉村で約8万〜12万ベクレル、只見町で約2万ベクレルあった。
事故で放出された放射性物質の多くは落ち葉に付着している。落ち葉が分解されてできた有機物を、ミミズが餌とする土とともに取り込んだのが原因とみられる。【神保圭作】

Leave a Comment