Radiation Levels Double After Decontamination Effort In Fukushima Pref.

Radiation level increased double within 20 days after decontamination (Fukushima Diary, Jan. 13, 2011):

From 12/6/2011 to 12/20/2011, Japanese self defense force went to Fukushima to decontaminate.

900 members were sent to the town halls of Narahamachi, Tomiokamachi, Namiemachi, and Iidatemura.

As expected, they successfully proved decontamination is meaningless.

Tweet

@nobuitou8869
飯舘村農民見習い伊藤延由
除染その後1:自衛隊の方が苦労して除染して下さった役場の石畳のその後、直後(12/20)の線量は1.57μSV/h、12月29日は 2.87μSV/h、今日(1/10)は3.26μSV/h。だから無駄だと言ったのです。石畳の隙間には落ち葉が挟まっていました。(Source)

<Translation>

Self defense force struggled to decontaminate the flags of the Iidatemura town hall on 12/20/2011.

12/20 : 1.57 microSv/h

12/29 : 2.87 microSv/h

1/10 : 3.26 microSv/h

Between the stones of the path, dead leaves were already put.

<End>

Even Asahi newspaper reported like this below.

「屋根を高圧洗浄」除染効果低い 事故から時間経過で

東京電力福島第一原発の事故で汚染された家の屋根を高圧水で洗う「高圧洗浄」について、専門家や住宅メーカーが注意を呼びかけている。事故から時間 がたち、いくら高圧で洗っても放射線量が落ちなくなっている。水圧を強めると屋根を傷つける恐れもある。高圧洗浄を除染メニューから外す市町村も出てき た。

東北・関東地方の8県の102市町村で進む除染の環境省ガイドラインでも、高圧洗浄は効果的な方法として挙げられている。

福島県は昨年8月、福島市大波地区で民家の屋根を高圧洗浄した。しかし、表面から1センチのところでの放射線量は半減にも及ばなかった=表。除染前 に毎時2.4マイクロシーベルトだったコンクリート屋根は高圧洗浄後でも1.6マイクロシーベルトだった。さらに、2.4マイクロシーベルトだったスレー ト屋根は2マイクロシーベルトに、1.2マイクロシーベルトだった瓦屋根は1.1マイクロシーベルトにとどまった。

<Translation>

Experts and house makers are warning about high-pressure washing to decontaminate the roofs because it may hurt the roof but doesn’t decrease the radiation level. Some of the local governments are starting to remove it from the decontamination options.
Fukushima local government tried to decontaminate the roof of a house in Oonami Fukushima, 8/2011.
However, the radiation level of 1cm above the roof (Concrete) only decreased by less than half.(2.4 microSv/h→1.6 microSv/h).
When it comes to slate, it was only 2.4 microSv/h → 2.0 microSv/h, and in the case of tiled roof, it was only 1.2 microSv/h → 1.1 microSv/h.

<End>

(Source)

Leave a Comment